トップ

学校とスマホの関係

学校を基礎から考えよう

時間割から学習までの学校アプリ

スマホの普及によってアプリ開発をする学校が増えています。時間割や災害発生やインフルエンザ流行による授業の有無などから校内行事の内容まで色々な情報をアプリを使って発信しています。以前はホームページを使っていましたが、生徒たちが使用するツールがパソコンからスマホに変わったためです。中には補修学習やテスト前の学習ツールなどを用意している学校もあります。校外のソフトを利用したり推奨する場合もあります。学園側から見れば運営に必要不可欠なアイテムになりつつあり、生徒から見れば充実した学園生活を送るための必須道具になりつつあります。

学校からの手紙もアプリで管理

子供が学校から貰ってくるお手紙、子供から受け取ってファイルなどにいれて…綺麗に管理しているつもりでも、必要な時に見たい手紙が出てこない…なんてこと、よくありますよね。学校からの大事な連絡事項を手紙をしっかり管理出来ていなかったばっかりに見過ごしていて、子供が困ってしまっては大変です。そこでおすすめなのが、アプリで管理する方法です。データで保存することで必要な時に必要な手紙をすぐに検索する事ができます。また複数の子供の手紙も1つのアプリで管理編集出来たりもするので、大量の手紙の中から即座に必要な手紙を見る事が出来るのも嬉しいポイント。データで取れば手紙そのものはすぐ処分も出来るのでお片づけも楽になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校を基礎から考えよう. All rights reserved.